HOME  NOフレーム版

1.熱を記述する言葉
 (1)温度temperature(T,t)
 (2)
 (3)熱容量と比熱
 (4)熱の測定
 (5)補足事項 

2.気体の性質
 (1)圧力
 (2)ボイル=マリオットの法則(1660年)
 (3)シャルル=ゲーリュサックの法則(1802年)
 (4)ボイル=シャルルの法則
 (5)理想気体の状態方程式

3.熱力学第一法則(エネルギー保存則)
 (1)熱力学第一法則
 (2)状態量と状態方程式

4.熱力学第一法則の応用
 (1)理想気体の内部エネルギー
 (2)定積モル比熱Cvと定圧モル比熱Cpの関係
 (3)断熱変化
 (4)不均一系への応用

5.完全微分方程式と積分因子
 (1)線積分
 (2)完全微分方程式
 (3)積分因子
 (4)積分因子の存在定理
 (5)積分因子の求め方
 (6)エントロピーの導入

6.熱力学第二法則
 (1)第二法則の発見
 (2)絶対温度の導入
 (3)Σd’Q/Tは状態量
 (4)絶対温度と積分因子の関係
 (5)不可逆性とエントロピー

7.絶対温度の測定
 (1)実在物体の状態変化による方法
 (2)ジュール=Thomson効果を用いる方法
 (3)クラウジウス=クラペイロンの式を利用する方法
 (4)まとめ

8.熱力学第二法則の応用
 (1)様々な見方
 (2)状態量と状態方程式

9.参考文献

HOME  NOフレーム版